無駄な時間をなくす方法【忙しい時期だからこそ必読!】

スポンサーリンク
働き方

こんにちは、はらみせんせーです!



気づけばもう今年度も終わり‥!

例年通りだと私は白目を向いている時期ですね。

今回の記事はこんな方におすすめ!

  • 無駄な時間をなくして効率よく仕事を進めたい
  • 時間の無駄になりがちな時間が知りたい
  • 共感したい
  • とにかく疲れた



さて、突然ですが私は
Time is money.」という言葉が大好きです。
(いきなり英語)


大好きというか、
もはやポリシーみたいなもので、
自分の時間が奪われることと
人の時間を奪わないようにすること

とても敏感です。(PMSの時は病的)



常に血眼にして

「タイムイズマネー!タイムイズマネー!」

と騒いでいると疲れてしまうので
息を抜くことも必要ですが、


今回は、
一息つく時間を多くできるように
無駄な時間をなくす方法を解説していきます!

スポンサーリンク

よくある無駄な時間トップ5とその改善策

あくまでも私自身が経験したことや
周りの先生たちの様子を見て感じたことを
基に出したトップ5です。


早速いきましょう!

5位 だらだら行事の前日準備をしている時

これは5位と言いつつも
めっちゃあることだと思います。

長い目で見た行事の準備については
こちらの記事にまとめてあるので
参考にしてみてください。



そしてよくあるのが
行事の前日準備。


ここで
「ここの飾り付けは誰がしよっか??」
なんて言ってたら遅ーい!!



そして更に経験年数の多い保育士が
そういう進め方をしていると、

後輩たちもそれが当たり前だと思ってしまう‥


誰かが変えようとしない限りその園は
「行事の前日準備の進みが破滅的に遅い園」
になってしまいます。


行事担当者(リーダー)は前日準備の段取りまで考える。
(できればそれについてもまとめ、配るなり掲示するなりする)


4位 やるべきことが整理できてないうちに始めようとした時

何か手をつけ始めた途端に
「あ、あっちやった方がいっか‥」
となって中途半端になってしまう時。


私はそうやって手を付けたものから
違うものへ移り変わり、

さらにそっちをし始めても
「あ、やっぱりさっきのの方が…」

とあちこち手をつけて
結局何も終わらないという悲惨な状態を
よく作り出していました。


まず初めに何をすべきか優先順位を決めておく。
(その時自分にある時間を意識してできる限りその時間内にキリの良いところまで終わるものを選ぶとさらに◎)


↑についてですが、
例えば午睡中の時間で、

残り15分しかない!

という時に、
①画用紙を切る
②段ボールを絵の具で塗る

だったら私の力量なら圧倒的に
①画用紙を切る
です。



片付けの時間も踏まえると
絵の具はヘビーです‥。


こうやって考えるように癖づけると
判断も早くなってその分作業できます(..◜ᴗ◝..)

こちらの記事は新年度の内容ですが、
全ての準備に通じることです。
やることの整理の仕方はこちらをご覧ください!



3位 保育士の数が潤っているのに誰も抜けない時

活動の節目には保育士の人数がプラス1いると
スムーズに進みますが、


よくあるのがそれがそのままで
明らかに落ち着いているのに
人数が基準より多いままでいる時。



これに関してもこちらの記事で書いています。
時間外労働をしない為にもまずこれを参考にしてみてください!



例えは10名の1歳児クラスで、

担任2名と
活動の節目にパートさん1名入っていたとします。


室内遊びの時にも
3名の保育士で見ることができれば
それはそれはまったりゆったりと
子どもを見ることができます。


ですが、活動内容や
子どもの様子にもよりますが、
2名の保育士で見ても配置基準は満たしているので

落ち着いているのであれば1人抜けるのが理想ですね。



クラスリーダーは状況を判断し、人員が多い時は誰か抜けさせる工夫をする!
(クラスで偏ると不公平なので他のクラスにも声を掛け合って順番に抜ける時間を作る)



2位 決定権のある人物と予定が合わず話せない時

私の場合、主任をしている時に、
園長にいちいち確認を取らないと
物事を進めることができなかったのですが、


その園長がしょっちゅう不在
時にはダッシュで逃げられ
何も物事を進めることができない時期がありました。



そんな悲しいお話をまとめた書籍、
ほっと一息つく時間のお供にどうぞ。笑


これについては‥


園長先生がちゃんと部下の話を聞いてくださーい!!!



1位 話しかけられて作業(書類作成)できない時

人が集まるところに行って書類を書こうとすると
高確率で話しかけられ全く進まず結局持ち越す‥
ということがよくありました。笑


確かに先生方とのコミュニケーション
と考えるとそれも大事なんですが‥


今はそれじゃない



という時、

あるんですよ‥!
(ありません?)


ちょっとね、
あんまり堂々と言えることではないですが、

そういう時は逃げましょう。(小声)


誰も使っていない部屋を探し出しそこで黙々と進める。


これに尽きます。
(一切ふざけていません)



私の園の場合、
残業を事務所でする先生が多かったのですが

私もこれだけ10分で終わらせたい!!
という時に事務所を利用すると
絶対に10分では終わりませんでした。


なのでそういう時は、
誰もいない保育室、
なければ薄暗い倉庫でも使って
最短時間で終わらせて帰っていました。


本気で早く終わらせたい時には
場所も選ぶようにすると良いです!

まとめ:自分の時間を大切にできる人は、他人の時間も大切にできる

私がなぜここまで徹底的に時間を大事にするかというと、

「自分の時間を大切にできる人は、他人の時間も大切にできる」
ということを考えているのもあります。



これだけの時間があれば
この先生もここまで仕事進められるだろうなぁ

とか無意識で考えられるようになります。




保育士という仕事は
自分の仕事が終わったからそれで良いなんてことは全くなくて、

いつも助け合いですよね。



自分が早く終わった分誰かを助けられるし、
助けてもらったら今度は自分がその先生の助けになりたいと思うと、

園全体がどんどん効率良く
仕事を進めていくことができるようになります。




自分の為の時間も、
誰かの為の時間もぜひ大切に考えてみてください。





今回も最後までご覧いただきありがとうございました!
また次回もお楽しみに ٩( ᐖ )و

コメント

タイトルとURLをコピーしました