保育の転職するなら新園?既存園?メリットデメリット

スポンサーリンク
転職・就職

こんにちは、はらみせんせーです。

保育士の求人サイトを見ていると、
もう既に「来年4月開園!」「オープニングスタッフ募集!」
と書かれた求人も増えてきていますね。


でも、新規開園でオープニングスタッフって
実際どうなの?

と思う方、いると思います。


保育士経験の中で、2回新園を経験したことがありますので

その経験をもとにメリットデメリットを
お伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

入るなら新園?メリットとデメリットを徹底解説!

新規開園予定の園の求人情報からは、
「新しくて気持ちが良さそう!」
という印象を受けることもあります。

実際に2つの新園を経験して感じたのは以下のようなことです。

新園で働くメリット

・園舎も玩具も絵本も何もかも新しい
・ほぼ全員が初対面の為一から関係を作れる
・自分たちで話し合いやりやすい方法を決めていける



このように、何もかも一から始めることができるので、
新しい環境でどんどん力を発揮していきたい方には
とてもおすすめ
です。

他の先生たちと話し合って
どんどん工夫して園を作り上げていくことができるので
初めは大変ですがこの達成感は既存園ではなかなか味わえないでしょう。


私が新園で働くことで一番良かったと感じたのは
そういった達成感があることで、

新園を経験すると
「周りと協力し合って一から作り上げた経験がある」
と自信を持って言うことができます。

特に新卒で入った先生たちは
初めからそういった何もない園に来たけど
積極的に園の立ち上げをしていったという経験について
堂々とアピールできると思います。



一方でデメリットはどうなっているのでしょう。。

新園で働くデメリット

・開園準備がとにかく大変。やることに追われる。
・系列園からの異動の人もいる場合は初めはとっつきにくいことも‥
・それぞれの経験をもとに意見を出し合うのでなかなかまとまらない

・子どもも全員新しいので初めはみんな大泣き
・毎日何かしら新しい問題が起こる



「一からスタート!」というと聞こえは良いのですが
やはりその分大変なことは多いです。


開園準備では、玩具や絵本などの開封から始まり、

設置、環境設定、足りないものの買い出し、書類作成、
名前シール作り、壁面制作などなど、

準備することが数え切れないほどたくさんあります。


開園したてだけど
既存園と同じぐらいにしなくてはならないのですから…

優しい保護者さんは「開園したばかりですもんね」
と言ってくださるけど、
「こちらには新園とか関係ないのでこれでは困ります」
と言う保護者さんももちろんいます。正論ですもんね。


そうして準備に追われる中でも、
保育士間でも連携できるように決まりを決めたり
担当を決めたりと話し合いの時間も必要です。

ただ、特に中堅以上が集まると
今までやってきたことにプライドを持っていたりするので
結構ばちばちぶつかることがありました。笑


なんとか丸くおさまったとしても、
毎日「あれ!?これどうするか決めてない!!」
というようなことが起こって緊急会議もよくありました。

散々話し合ったつもりでも、
やはり一から園を作り上げるのは大変で

子どもも全員新入園児なので早く慣れさせてあげたいと思いつつ
どうにもならないこともあったり…

結局1年目、特に半年間ぐらいはバタバタでした。。

この大変さが新園で働くことの
最大のデメリットということになるかもしれません。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました