どん底から這い上がれる人に。気持ちの切り替え方。

スポンサーリンク
賢く

こんにちは、はらみせんせーです。



私事ですが、ここ何日かの間で大切なものを失い、
自分の行動に後悔したり
自分の価値って何だろうと責めたりする時もありました。


検索からこのページを見つけてくれた方も
もしかしたら辛いことがあったのかもしれません。。



私は昔から一度落ちると落ちるところまで落ち、
もう全部やめてしまいたいと思ってしまうので、

ある意味自分の中の何かが欠如してるんじゃないかと思います。
(実際診断されないですけどね)


ただ、そういう経験を何度も何度もしているうちに
立ち直るのも上手になってきました(..◜ᴗ◝..)


人それぞれ立ち直り方は違うと思いますが、
今回は私がどん底から這い上がるためにしていることを書いてみます。

スポンサーリンク

①とことん落ちる。落ちるところまで、どん底まで。

好きなだけ泣く

好きなだけぼーっとする

好きなだけ後悔する

好きなだけ自分を責める


いつもこうしています。

辛いことがあったなら、
普通は涙が出るし、人の話聞いてるどころじゃないし、
「もっとこうすればよかった」って思うし、
「何で自分はこうしていたんだろう」って責める。


それが自分自身のしたいことだから、
まずそれを自分の為にとことんしてあげる。



私の場合これを聞いてくれる優しい主人も友だちもいますが、
ふと冷静になると迷惑かけたなぁと後悔してしまうので

最近は自分一人でとにかくこれをするようにしています。笑


ただ、できれば悲しい時は人肌を感じることができると
落ち着くと思っています。


で、この時私が気をつけているのが
絶対に自分を憎まないこと


責めたとしても憎まない。

自分のことを誰よりも大事にできるのは自分なんだから
嫌いにならないことが大事です。

昔の自分は自分を憎んでいたのでそれはもう危なかったです。笑

②少しずつポジティブな考え、方法を見つけ始める

ここまでいくのに時間がかかることもありますが、
自分自身で考えの方向を修正することも大切です。


いくら周りの人が
「次はこうすればいいんだよ」等ポジティブな言葉をかけてくれたとしても

自分自身がネガティブな方向を向いたままでは耳に入らないんです、
私の経験上ですが。

せっかく優しい言葉をかけてくれているのに申し訳ないと思いながらも
自分自身が変わっていないと始まらないんです。


今回の私は、Googleで
ひたすら自分が傷つくような内容(現実)を見るのが①の何もしたくない状況
なんですが、

その流れで検索画面にポジティブな内容のものも混ざっていて
ふと見てみたところからポジティブ思考へ切り替わりました。

その後はもうずっとポジティブな、未来に希望のあるような内容を
ひたすら調べて良い情報を取り込んでいきましたね。
(Google先生素敵な情報に出会わせてくれてありがとう)



やり方はそれぞれですが、
ポジティブにならなきゃ!!と初めから構えるのではなく、

自然な流れでポジティブな方向へ向くことができるのが
一番良いのでしょうね。


ただ、ネットで調べると情報が溢れかえっていて
どこかでポジティブな情報がひっかからないと
どんどん負の世界へ引き摺り込まれそうだなぁとも感じました。


なので、ネットで元気になるなら
少し落ち着いてからが良いのかもしれません。

③「泣いていても失ったものは戻らない!」と開き直る

私はどん底になる2日前に
某漫画の登場人物が「べそべそしたって戻ってきやしねぇんだよ」と言う部分を見ていたので、

すごく…助かりました…笑


そうなんですよね、
いつまでもくよくよしていたって何も変わらないし
「しょうがないなぁ」って戻ってくるわけでもないんです。

失ったものを忘れることはないけど、
でもその分「今回こうだったから次はこうしよう」とか

「今までこうできなかった分こうしよう」とか

絶対に次に活かせることが見つかるんです。


だからまた私はその為の情報収集に明け暮れるのでした。笑
(Google先生大活躍!)

④復活のタイミングを見失わない

私が気難しいからなのかもしれませんが、
昔から怒った後、泣いた後、
なかなか元に戻れない子どもでした。


いや……主人と喧嘩する時今でもそうですね。笑


ですが、ここでも自分に素直にならないと
「自分は今悲しいんだから落ち込んでなくちゃいけない」
のような考えが定着して、

いつまでも同じ状態を保とうとしてしまうんですよ…
(多分私だけな気がする)


だけど、もう自分が散々泣いてポジティブな気持ちになれてきたなら
そこで一区切り。

喧嘩した時も仲直りしたらそこで一区切り。


あとはもう笑えるタイミングで笑って、
お腹空いたなら意地張らないで食べて、

とっとと復活してしまえば
もう完全にどん底から這い上がれたことになります。

まとめ

人それぞれ悲しみの感じ方は違うから
這い上がっていく方法もその分だけたくさんあります。


その為私の方法はあくまで私マニュアルだから
万人に通用するとは思っていません。

それでも、

自分をいたわってあげることが
自分の思いに正直になれるし、

自分が這い上がっていく近道になると思っています。


日本人の習慣上、
「自分のことが大好き!」なんて言うと引かれてしまうのが残念ですが、

言わなくても思ってあげてください。


「自分のことが好き」ということは
「自分を甘やかす」ということではなく、

自分の思いを受け止めたり共感したりする中で
客観的に見ることもできる、ということに繋がっていきます。

そこから一緒にポジティブな考えを見つけ
這い上がっていくことができるので

自分自身が最強のパートナーとも思っています。


まだまだだめな人間だとは思っていますよ、
気分屋だし大雑把だし怒るとめんどくさいしで
改善点はたくさんあります。笑

それでも今では自分のことも好きです。



私はこの考えに至るまでに散々失敗してきましたが、
生きていて良かったなぁと思うことばかりです。

もちろんそこには大切な友人や主人の支えがあったからで
その支えがなかったら乗り切れなかったことだらけです。

そしてそれと同時に自分自身もまぁ成長したなぁと認めてやっています。笑


これからも何度も失敗すると思いますが、
その度に、
「今まで何度も辛くてもうだめって思ったけどその後に良いことが必ずあった」
と思い出し、どん底から這い上がっていこうと思います。


これがもし誰かの助けになれていたら嬉しいです。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!
また次回もお楽しみに ٩( ᐖ )و

コメント

タイトルとURLをコピーしました