保育士でもPMSの時はイライラするお話。対処法も解説!

スポンサーリンク
思考

こんにちは、はらみせんせーです!


いきなりですが、こちらをご覧ください。笑
1歳児クラスでのお話です。



いや〜〜〜たまりません!!!

私の経験した3つの園のうち2つの園では、
1歳児クラスでこれが毎年繰り広げられていました。


まず一人が突然押し入れの戸にヒップアタックを始め、


それを見た他の子どもも仲間に加わり
同じようにガーンガーンとヒップアタックをし始めます。


彼らはまるで保育士を挑発するかのような表情で
こちらを見ながら押し入れの戸にヒップアタックを続けるのです。


オリジナルの伝統でしょうか?

こちらとしてはそんな伝統
即刻廃止していただきたいです。



そしてこれが自分のPMSと重なった時。
おわかりいただけますでしょうか‥


※ご想像にお任せします。


ところでみなさんはPMSを感じたことはありますか?

スポンサーリンク

PMSって何?

PMSとは生理前に次のような症状が出ること。

  • イライラする、情緒不安定
  • 眠い
  • ぼーっとする
  • 肌荒れ
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 胸が張る

私は特に1番上の「イライラする」が著しく表れて
その荒々しさは年々増しています‥!


毎月自分の中に現れる猛獣に疲れ、
恐怖を覚えるほどです。

保育士とPMS

一般企業の中には「生理休暇」なるものが
あるところもあるようですが、


保育士の身からすると夢のまた夢ですよね。笑
生理痛がひどい時も問答無用です。


しかも、特に子どもはPMSなんて存在すら知りません。
そして上の話のようにわざと怒らせるようなこともします。


それでも保育士は「このやろーー!!」」なんて言えないし
ましてや声を荒げて怒ることもできません。


静かに、諭すように、ゆっくり叱るのです。
(怒るよりもしっかりつたわるので良いんですが)


噴き出しそうな溶岩を必死に中にとどめている感じですね。
ものすごく疲れます。

対処法

まずは自分の症状がどのようなものか、
いつぐらいに出ているかなど意識
してみます。


私は20代前半までは全くなかったのですが
後半に突入してから徐々にイライラや腹痛が出始め


そういえばいつも生理前だなぁと気づきました。
そして自分なりに処理しようとしていつも失敗していました。


具体的な対処法は次のとおりです。

病院へ行ってみる

手っ取り早く受診しましょう。
問診や検査などを経て、薬が処方されます。


ただ、私は貴重な休みに病院に行くのが嫌で
結局後回しにして行きませんでした。笑


子どもに当たり散らすことはありませんでしたが、
精神的負担を考えると行ってもよかったと思っています。

薬に頼る

私的一押しがこれです。

PMSがひどいことを姉に相談したら
教えてくれたのがこの命の母ホワイトでした。


存在は知っていましたがまさか自分が飲むなんて思ってなかったので半信半疑で飲むようにしました。


そしたら、
毎月現れていた私の中の猛獣が
現れないんです‥!!



症状がはっきりとしていれば
受診するよりも早く対処できるので私は好きです。

周りの先生に正直に相談し、周りは理解する

言ってみれば病みたいなものだし
それで大噴火するよりかは良いと思うので

正直に相談してみると良いです。
(できれば信頼できる人に)


PMSが軽い人は「そんな大袈裟な‥」と
思ってしまうかもしれませんが、


重い人は本当に辛いです。
私の場合風邪より辛いです。


まだまだ理解されにくいものですが
周りの人の助けでほっとできることもあるので


相談してきてくれたら受け止めてあげてください。



無事相談できて、
PMSの症状が出ている間楽させてもらえたら


回復した後その分を返すぐらい頑張って、
恩返ししましょう
٩( ᐖ )و

まとめ:自分を労わることが大事。

周りからの理解が一番心強いのですが、
なかなか理解されないし


自分自身も諦めてしまいますよねᵕ ᵕ̩̩


ただ、先ほど話したように、


ずっと楽してる感を与えてしまうと
おもしろがらない人もいるので、


回復したら倍頑張るとして、
とりあえず辛い時はできる限り
無理しないでいいように手を打っておきましょう。


私も何度も大噴火しそうになりましたが、
そうなったら5秒間深呼吸
それでもだめならクラスの先生にバトンタッチしてもらいます。


自分がそうしてもらった分は相手にもできるようにし、
持ちつ持たれつを意識していました。


そうやって助け合える職場が増えるといいですね!


今回も最後までご覧いただきありがとうございました!
また次回もお楽しみに ٩( ᐖ )و

コメント

タイトルとURLをコピーしました