「保育士の時間外労働=当たり前」はもう古い!仕事を効率良く終わらせる方法

スポンサーリンク
賢く

こんにちは、はらみせんせーです。


いよいよ今年も終わりが近づいてきました。

この時期はやはり大掃除やら書類整理やら
今年のうちにやっておきたいことに追われますよね。

しかも業務時間内に終わら残業、持ち帰り‥となると
休息が全然できず、辛いですよね。


私も4年ぐらいはそういうことも多々あり、
「私何のために生きてるんだろう」とすら思った時もあります。

ですが、そこから「変わりたい」と思いました。
そして現状を変える努力をしました。


そして転職して働きやすい環境になったことと、
普段やるべきことを順序立てて進めていくことが得意になったことで
自分の仕事が原因で残業することは
最後の3年間ぐらいはありませんでした。



今回の記事では自身が仕事を進めていくために必要なこと
そしてリーダーたちがするべきことについてもお話します。

ぜひご覧になって園の働きやすい環境づくりにお役立てください。

スポンサーリンク

そもそも時間外労働はしなくちゃいけないの?

わかりきった質問ですね。
答えはもちろん「NO」です。

ただ、実際の保育現場では
表向きは「NO」でも内面は「YES」のところが
まだまだ多いのが現状です。

例えば、
「先輩が残っているのに先に帰ってはいけない(雰囲気)」

これは私も一つ目の園がそうでしたね。
くだらないですよね。
もうそんな時代は終わっています。

先輩だろうが何だろうが、
担当した仕事をいかに効率良く終わらせるかはその人の責任です。


ただひとつ、人とうまくやっていくために注意点もあって、
製作物など、書類以外の誰でもできそうなことに関しては
「何か手伝いましょうか?」と声をかけることが大事
です。

もちろん予定がある時は仕方ないので
「すみません、予定があるのでお先に失礼します」
としっかり声をかけましょう。

もしくは時間に余裕があれば
「予定があるので17時には出たいのですがそれまでできることがあればやります」
と言えるとさらに良いです。


正直働き方を優先するとあまりしたくないところです。
定時ですからね。笑

ただ、その一言があるだけで
それ以降自分も助けてもらえるだろうし、
その時にもし少しでも手伝えていたら
罪悪感も減ります。

「人と働く」ってこういうことなんですよね。


やむを得ない時間外労働は、
足を引っ張り合う為ではなく
だんだんと早く仕事を進めていけるようにする為に
有効活用していけると良いですね。


では実際にどうやって自分の仕事を進めていけば良いか
ということに入っていきます。

仕事を早く終わらせるポイント

ポイントは3つあります。
これらができればかなり変わるはずです。

優先順位を決める
②ざっくりで良いので進めるプランを立てる
③人員に余裕がある時は順番に保育を抜ける

早速順番に見ていきましょう!

①優先順位を決める

時間外労働に追われていた頃の自分だったり、
新卒や2年目、3年目の先生たちだったりと、

これが苦手な人は結構多いはずです。


やることが多すぎてわけわからなくなってしまう状態ですね。


そういう時はまず落ち着きましょう
本当に冷静になることがまず大事になります。

落ち着いたら優先順位を決めていくのですが、
わかりやすいのが締め切り順です。

例えば今、
1.「2月3日の節分の行事計画書」
2.「お正月の製作準備」
3.「発達記録3期の記録」
を抱えているとします。

それぞれ期限が決まっている園もあると思いますが、
おおよその締め切り順でいくと
3→2→1の順になると思います。


ですがこの記事を書いている12/22時点で考えると
理想としては初めに1.「2月3日の節分の行事計画書」
提出したいですね。

というのも、行事計画書を出してから準備するものもたくさんあるし
一度提出すれば園長が確認してくれている間に
年内の時間はとりあえず2や3に費やせるからです。

(料理で例えると、カレーの具材を先に煮込み始め
その間に副菜などをちゃちゃっと準備しちゃう感じです。)


そして私なら2の案を考えて決めておきつつ
3を進めます。(ほぼ同時進行

そして必要なものがあれば帰りに買っておき
3が終わり次第2の製作準備に取り掛かります。


もっと言うと、3の発達記録に関しては
毎日コツコツと少しずつ書いていくと楽ですね。

あまり早く取り掛かりすぎても
その期間の成長が全て書ききれなくなってしまうので
私は最後の月の中旬ぐらいから締めていっていました。


このような感じで、
目に見える締め切りだけでなく

同時進行できるものを見極め
自分の中でもそれぞれに締め切りを作っていくと
進めやすくなります。

②ざっくりで良いので進めるプランを立てる

優先順位が決まったところで
実際どのように進めていくか、です。

①の延長で考えていくとこんな感じ。

  1. 【今日】とにかく節分の計画書を仕上げて提出する。
  2. もし早く終わったら発達記録の記入をする。
  3. 休憩中余裕があったらお正月製作を考える。
  4. もし閃いたら材料があるか見る。
  5. 材料がなければ発注or帰りに購入する。
  6. 【明日】発達記録に集中する。
  7. 【明日以降】終わり次第製作準備
  8. 目標:全て【25日】までに終わらせる

こんな感じですね。
なぜ最後の週まで持ち越さないようにするかというと、

年末年始休みが29日からの場合
最終週は28日の1日しかないので
慌てたくないからです。

なので各作業の量にもよりますが
私なら血眼で終わらせます。


余談ですが、私は書類よりも製作が苦手なので
時間を多めにとっています。
そんな感じで自分の得意不得意と向き合いながら
ペース(目標)を決めていくと良い
です。

③人員に余裕がある時は順番に保育を抜ける

これが結構重要なんですよね、
これができれば一気に仕事が進みます。

私の経験した園3つのうち、
初めの園以外は「保育を抜けて作業する」
ということができていました。


正直、これはリーダーたちがいかに考え行動するか
によって変わってきます。
リーダー・副主任・主任のするべきことなんです。


若手の先生たちは「抜けて仕事をして良いですか?」
なんて言いづらいですよね。
ましてや積極的にこういう動きをしていない園だと
特に怖い先輩に睨まれそうですね。


なので、若手時代苦しい思いをした先生たちや
今リーダー・副主任・主任の先生たちは
率先してこういう取り組みをして
みんなで助け合える、働きやすい環境にしてほしいです。



もちろん人員が足りない中で無理してまでやろうとすると
子どもの事故に繋がるなどかえって悪い結果を招きます。

ただ、活動が合同保育になったり、
そもそも休みの先生がいなくて人員が潤っている時なんかは

徹底的に有効活用した方が良いです。


例えばフリーの先生にクラスに入ってもらい、
その先生がが上がるまでの1時間を
担任で半分こして30分ずつ作業の時間に当てるだけでも
相当大きいはずです。


「この時間なら2人で見られるね」
「この時間は誰かいてほしい」
など、クラスの状況をしっかり見直して
効率良く仕事を進めていきましょう。

どうしても仕事が時間内に終わらない時の裏技

究極。
究極論ですよ。笑


私は「うわ絶対終わらない」という時は、
休憩を犠牲にするか残業をするか
選択をしていました。


私は残業が大っ嫌いなので
「休憩を犠牲にする」を選んでいました。


大前提として休憩で体を休めることも仕事のうちなんです。

しっかり休めないと午後にも響くし、
そもそも休憩をしっかり取らせない園は
ブラックです!!


‥なのはわかっているんですが、、

残業するよりかは早くスッキリさせた方が良いし

そもそも残業って時間に限りがないから気が緩みがちだけど
休憩時間を削って午睡中の作業時間を追加すれば
限りある時間の中でやろうとするので
ものすごい集中力で進められる
んですよね。

いかに時間を作るか、自分を追い込むか。


その為休憩を犠牲にするという選択肢は
全然抵抗がなかったです。


仕事に追い詰められている時は、
おいしい給食を食べて、お喋りして、お菓子と紅茶でホッとして、
そこで満足したら早めに戻っていました。


あまりおすすめはしたくないのですが、
そもそも休憩中の仕事も残業時間外労働なので
早くやるか遅くやるかの違いだけです。

それだったら効率の良い前者の方がマシだと考えています。

まとめ:諦めずに現状を変えようとすることが大事。

仕事を効率良く終わらせる方法、
いかがでしたか?


私は9年間保育士をして上の立場も経験したので
もちろん効率良く仕事を進めるのが得意です。

ですが、冒頭でお伝えした通り
初めは全く仕事が進まず毎日残業していたし
持ち帰りもしていました。

そんな私でも、「変わりたい」と思ったから
残業も持ち帰りもせずに
時間内に全ての仕事が終わるようになりました。



自分の力不足を感じるなら効率良くやってる先輩を真似したらいい。

職場の先輩たち、園長が工夫してくれないなら
自分が偉くなって変えるか
働きやすい園を探したらいい。


変わるチャンスはいくらでもあります。

今仕事に追われてつらい先生たち、
諦めないで現状が変わる思考を持って行動してみてください。
その手助けができれば嬉しいです。

お問合せフォームからもできますし、
twitterでもインスタでもお気軽にご相談ください。


今回も最後までご覧いただきありがとうございました!
また次回もお楽しみに ٩( ᐖ )و

コメント

タイトルとURLをコピーしました