【すらすら書ける!】保育日誌 書き方のコツ【簡単】

スポンサーリンク
賢く

保育をする上で毎日書く必要のある日誌。

書き方に悩みすぎて全然進まない…
全然書く時間がなくて残業しないと終わらない…

等、書く事に対して悩みはありませんか?


今回はそんな悩みを改善するお手伝いをさせていただきます。

その前に、、、
注意事項
書き方に厳しい決まりがあるようであれば園の方針に従ってください。


色々な園がありますからね…ᵕ ᵕ̩̩
ただ、心に留めておく価値はあります。



私も元々は書くのに時間がかかり
よく残って書いていました。

こうなると、
日誌=めんどくさいものという意識
になってしまいがちです。

しかし、慣れもあるとは思いますが、
めんどくさいものという意識
新しい意識に変えるだけですらすら書けるようになっていきました。

これを意識するだけで連絡帳もすらすら書けるようになります。

その新しい意識とは何か、
以下に説明していきます。

スポンサーリンク

日誌=子どもと自分(クラス)の成長の振り返りができるもの

こう思うだけでわくわくしてきませんか?
ぜひ今までの意識を
日誌=子どもと自分(クラス)の成長の振り返りができるもの
と変えてみてください。



保育日誌を後で見直すと、

「この頃はまだ言葉を話す子どもはいなかったんだなぁ」
「この時の私はこんな反省をしてるけど今はもう大丈夫だなぁ」
「今の自分はこの頃と全然変わってないな、ちゃんと行動しよう」

など、振り返って
これからの自分の行動、クラスとしての活動に
活かす事ができるのです‥!

日誌って素晴らしくないですか?

こう思ってから私は日誌が好きになりました。笑




しかし、このように思えるようになる為には
書き方のコツがあり

具体例をもとに説明していくので
ぜひしっかりとおさえてみてください。

良くない書き方の具体例

1歳児クラスの11月のある日の日誌だとします。
(例なので今回はコンパクトにまとめてみました。)

活動(ねらい)配慮
○園庭遊び
充分に体を動かす
・たくさん体を動かせるようにする
・室温との気温差気を付ける
・自分で好きな遊具を選んでみるよう促す。 
子どもの姿自己評価
・園庭に出るとそれぞれ好きな
 場所に行き、自分の好きな遊
 びを見つけていた。
・ボール遊びをしている子ども
 たちは、ボールの取り合いを
 したり、欲しくて泣いてしま
 ったりと、他児とトラブルに
 なる様子がよく見られた。
 子どもが自分で好きな
遊びを見つけられるよう
にしてみたが、保育士が
近くにいない時にトラブ
ルになる事が多かった。
 今後は子どもが遊びに
集中できるよう、トラブ
ルが起こらないように
意して見守っていく。ま
た、一人ひとりが遊びに
満足できるよう配慮して
いく

かなり丁寧に、「時間がない中で書いた日誌」になるように書きました、
いかがでしょうか。笑

早速具体例に沿ってコツをお伝えしていきたいと思います。

コツ① 抽象的な言葉に頼らない。

これは保育士あるあるかもしれません‥

黄色のマーカー部分をご覧ください。

そもそもねらいがしっかり立っておらず、
保育士の願いがわかりません。

そして
とりあえずこう書けば良いんだな
と思わせてしまいがちなワード、

・〜よう促す/ようにする
・〜していく
・〜していきたい

等の言葉が至る所に使われています。

これらの言葉を使っていけないという意味ではありません。


ただ、若かりし自分もそうでしたが、
「あーー!!文がうまくまとまらない!!
 とりあえずこう書いとけばいっか!!」
お助けアイテムかのように
乱用してしまいがちなんです。



ただしこれはお助けアイテムではなく、むしろ
日誌の質を落としかねない
取扱注意の言葉

だと私は思っています。

なぜなら、
抽象的な言葉だから。


どのように体を動かして欲しいの?
どのように体を動かすの?
どのように遊びに満足できるようにしていくの?

これらを自分で考えて、
後から見てもわかるように

具体的な言葉で記録しておく事で
初めて振り返りができる日誌になります。


まとめのページに訂正版を記載するので
ぜひ考えてみてください。

コツ② 保育士の言葉がけも入れて情景を浮かびやすくする。

「子どもの姿」の欄に関する事ですが、
具体例では端的な事しか書かれておらず、
その場の子どもの様子がはっきりと浮かんできません。

それを改善する手段として、
保育士の言葉がけを入れる
という手段があります。


具体的には、

①子どもの姿
②子どもの姿に対する保育士の言葉がけ
③言葉がけ後の子どもの言動

という流れで書くように意識すると

・その環境での子ども自身の思考、行動
・ねらいに対する保育士の動き
・保育士の援助からの子どもの姿

を書く事ができます。

さらに、保育士の言葉がけを入れる事で
子どもの反応を書く事もでき、
一気にその情景が浮かぶようになるのです。

書き方に迷ったら間違いなくこれです。
ぜひ意識してみてくださいね。

コツ③ 活動中に日誌の形式を意識してかかわっていく。

①と②は書き方のコツでしたが、

「そもそも書く事に時間がかかるから
そんな事まで考えたら余計時間かかるよ〜」

という方、いると思います。


でもこれをすれば大丈夫!

活動中に日誌の形式を意識して子どもにかかわる

それだけですらすらと書けるようになります。


これは、「日誌の為に子どもとかかわる」ではないですよ!
(念の為)


日誌のフォーマットは各園で異なると思いますが、大体
活動、ねらい、配慮、子どもの姿、自己評価
あたりは入ってくると思います。

その形式が実は自分が子どもとかかわる上でも結構参考になり、
「ねらいは〜〜だったから、こういう配慮(言葉がけ)をして、
 それで子どもの成長を見てみよう」

という風に思えるんです。


そのように意識してかかわってみると、
「子どもがこんな時に自分がこうかかわって、
子どもはこうしてたな」
と振り返りやすくなります。


初めは慣れないかもしれませんが、
このように意識していく事で少しずつ変わっていくはずです。

まとめ

以上の事を踏まえて訂正すると
このような感じになります。

活動(ねらい)配慮
○園庭遊び
充分に体を動かす
自分の好きな遊びを見つ
け選択する楽しさを味わ
いながら充分に体を動かす。
・たくさん体を動かせるようにする
 ボールやロープ等運動遊びをし
やすくなるよう取りやすい位置に
並べておく。
・室温との気温差気を付ける
         上着を着るよ
う促し、体が温まればいつでも脱
げるよう着脱の介助をする。
・自分で好きな遊具を選んでみるよう促す
           選ぶ事がで
きるよう保育士が初めに遊び方を見
せる等して興味が持てるようにする。
子どもの姿自己評価
・園庭に出るとそれぞれ好きな場所
 に行き、(保育士や友だちの遊ぶ
 様子を見ながら)自分の好きな遊
 びを見つけていた。
・ボール遊びをしている子どもたち
 は、(保育士が少し離れて見てい
 ると)ボールの取り合いをしたり、
 欲しくて泣いてしまったりと、他
 児とトラブルになる様子がよく見
 られた。(保育士が「みんなで一
 緒に使おうよ」と声をかけると

 「○○ちゃんの!」と自分だけで
 使いたい事を主張する様子が見ら
 れた。)
 子どもが自分で好きな遊びを見つけら
れるよう(様々な種類の遊具を並べたり
保育士の手本を見せたり)
してみたが、
保育士が近くにいない時にトラブルにな
る事が多かった。
←そもそもこれは子ど
もの姿

(他児と共有して遊ぶという事がまだ難
しい様子も見られるので)
今後は子ども
が遊びに集中できるよう、トラブルが起
こらないように(保育士が間に入って遊
びのきっかけを作り誘うようにする。ま
た、遊具の数や種類を増やしてどのよう
に遊びが展開していくか見るようにす
る。)注意して見守っていく
また、一人ひとりが遊びに
満足できるよう(一人ひとりの遊びの
様子から、必要な遊具を担任同士で話
し合い、他クラスと相談しながら環境
を改善していく。
配慮していく


すみません、赤が多すぎて見づらいかもしれませんが、
より具体的に書かれているのが伝わりますでしょうか?


私たち保育士は、
こういう言い回しでなくてはいけない
みたいな意識がいつの間にか育ってしまっている事が多いです。

でも実はそうではなくて、
自分の言葉で良いんです。

この保育日誌は言ってみれば
上司の為の物でも監査の為のものでもありません。


まず初めに
未来の自分の為の、過去の自分の願いが込められたもの
と考えてみてください。

そう思っているうちに他の人へも伝わりやすくなります。


日常使いしている言葉は確かに使えませんが、
型にはまった言葉では自分の思いは伝えられません。

肩の力を抜いて、
まずありのままに思った事を書いてみて
修正していくと良いと思います。


そのように意識する事で、
初めに話しましたが、

日誌=子どもと自分(クラス)の成長の振り返りができるもの

という構図がようやくできあがります。



こちらは私が崇拝している今井和子先生の本です。
今井先生の温かい目線がこの本だけでなく
全ての書籍に詰まっているので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

保育を変える記録の書き方評価のしかた [ 今井和子(保育学) ]

価格:1,870円
(2020/11/2 20:09時点)
感想(2件)

今回私が書いた記事は、
すぐにできなくても必ずあなたの助けになります。

ぜひ意識してみてくださいね!
そして日誌が宝物と思えるようになってくれたら
とても嬉しいです(..◜ᴗ◝..)

長文となりましたが最後までご覧いただきありがとうございました!
他の記事もぜひご覧になってみてくださいね ٩( ᐖ )و


コメント

タイトルとURLをコピーしました