新年度準備をスムーズに終わらせるコツ!やることリスト

スポンサーリンク
賢く

こんにちは、はらみせんせーです!



ふとtwitterで呟いたこれ。



時空飛び越えた?
ってぐらい毎年早いです。



子どもたちと過ごす最後の3ヶ月、
楽しくのんびり過ごそう…(..◜ᴗ◝..)



なんてできないのが保育士‥!!!



待ち構えるのは年度の締め作業、
そして新年度準備…!
(ただしクラス発表は年度末ギリギリ)



しかも3/31と4/1が平日だと
もはや考えることすら嫌になりますね。


私も初めの園では
なよなよ園長→の元で進めていたので

日を跨ぎそうな時間までやっていました。
保育士界の反面教師大集合!参照)




その憂鬱さを軽減するには
園全体で頑張らないといけないですが、

少しでもスムーズに進めていけるように
流れとすることをまとめてみました。


ぜひお役立てください\( ˆoˆ )/

スポンサーリンク

①新年度に必要なこと・物を書き出す

何をするにしてもここから始まりますが、
意外とこれをしない先生も多いです。


各園で異なると思いますが、
私のいた園では大体次のようなことをしていました。


クラス発表は大体3月中旬ぐらいだったので
それまでにできることとしてはこんな感じです。

  • 名前シール(テプラ&マーク)準備
  • 靴下入れ等の修理or作成
  • クラスのロッカーの整理


新年度用の書類作成は
事務の先生か園長先生がしていました。


そして名簿も完成後、
名前シールの作業に取り掛かっていました。

はらみ
はらみ

残念なのがクラス発表までにできるのが

これぐらいということ‥



その為できる限りスムーズに進められるように
分担を決めておきます!

②誰が何をするか分担する

やることが見えてきたら
誰が何をするか分担を決めます。

大まかな準備


先ほどのこちら。

  • 名前シール(テプラ&マーク)準備
  • 靴下入れ等の修理or作成
  • クラスのロッカーの整理


クラスのロッカーに関しては各クラスで行うとして、
とりあえす名前シールについては全体で話し合い
担当を決めていました。


私のいた園には幸いパートさんがいたので
空いた時間に
1人10枚ぐらい×人数分を作ってもらっていました。

はらみ
はらみ

パートさんがいない場合は
担任の多いクラスで担当することもありました!

(テプラが1台しかないから1人がやった方が効率的)




また、クラスでも分担しておきます。

クラスとしての準備

クラスとして進めなくてはいけないのがこちら。

  • ロッカーの整理
  • 書類整理
  • 靴下入れ等の修理
  • 必要のないものの撤去
  • 卒園式等今年度の行事準備



上2つに関しては各自しておくのが大前提かなと思います。



そして残りがクラスで分担することです。



はらみ
はらみ

私の場合、担任2人のうち

一人は新年度準備、

もう一人は行事準備と大まかに分けて表にしておき、

終わったら手伝うようにしていました!



初めから「終わった方がやるようにしよう」
と話し合いで決めてしまうと、

「終わらなかったら相手が手伝ってくれるからいっか」
となってしまい全く終わらなくなります。


こういったことは特にリーダーの方が

「新年度準備と卒園式の準備とで分担しようと思うんだけど
どっちがいい?」

等話を進めると良いです。
その時に期限も決めてしまいます。


そうすることでお互い期限までに終わらせようと
必死に進めることができるからです。




クラス発表後すぐに新しいクラスの準備に集中できるよう
今のうちにばーーーっと進めておくと良いですね!



次のページではようやくクラス発表後のお話になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました