【辞めたい思いの反面】保育士で良かったと思う事【魅力がたくさん】

スポンサーリンク
Uncategorized

「保育士辞めたい」と何度も何度も思った私。

仕事の量、残業、保護者対応、職場の人間関係、
またそれらに見合っていないお給料…

それでも、実際にその園を退職する時には
今まで頑張ってきて良かったなぁと思えました。


保育士というお仕事でどんな事が魅力なのか
改めて書いてみようと思います。

私の思う保育士の魅力はこちら

①子どもの成長に携わり見守れる事
②季節の変化、行事に敏感になれる事
③たくさん運動ができる事
④頑張っていればお別れ
時に宝物がもらえる事

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

①子どもの成長に携わり見守れる事

これはもう保育士なら当たり前の事ですね。
子どもとかかわる仕事でしか味わう事のできない喜びです。

保育士1年目の時の感動を覚えていますか?

初めてのクラスで、
初めて子どもがお話できるようになったり、
意思表示できるようになったり、
今でもかけがえのない思い出になっています。

こうして子どもの成長が感じられた時、
いつも保育士をしていて良かったなぁと感じていました。

②季節の変化、行事に敏感になれる事

保育士は子どもとお散歩に行くなどして
自然界の変化にも敏感になって活動に取り入れたりしますね。

その影響で
「あ、もう紅葉が始まってきたな〜」とか
ついつい日常生活でも言ってしまいます。笑

もはや職業病とも思われそうですが、
私は自分自身の感性も豊かになった気がして
結構嬉しく感じています。

スマホから離れて外の景色を楽しむ時間を作ると
結構心もすっとしたりするので、
こういう感情を持つ事ができた時に
保育士をやってて良かったなぁと思います。

③たくさん運動ができる事

私は一瞬だけ保育士を離れた事があったのですが、
その時は
見事に太りました。

アパレルだったので一応立ち仕事でしたが、
運動をしない割に休憩も多く、
あっという間に太りました。
(アパレルが悪いとかではありません、私の自己管理の問題です。笑)


でも考えてみれば保育士は、
お散歩にも行く(有酸素運動)、
体操もする(有酸素運動)、
時には筋トレもします。(抱っことか…笑)

なのでかなりエネルギーを使っているんですよね。

その割に休憩中には山盛りの給食を食べてから
さらにたくさんのお菓子を食べていたのに
むしろ痩せました

自分の美容と健康の事を考えても
やはり保育士はやっていて良かったです。

④頑張っていればお別れの時に宝物がもらえる事

これは禁止されている園もあるかと思いますが…

今まで退園や卒園をする子どもがいる時、
もしくは自分が退職する時に、

子どもや保護者から嬉しいお手紙をいただく事ができました。


これはもちろんそれまでの信頼関係や、
保護者さんにもよる物だし

そもそも園でそういった物の受け渡しが禁止されている場合もありますが

私はありがたい事にいつもたくさんのお手紙をいただく事ができ
ずっと大切にとっています。

保護者さんから「あの時こういう対応をしてもらえて嬉しかった」とか
多分今まで言うタイミングのなかったであろう事も
お伝えしてくれる事もありました。


これは必ずいただける物ではないので書くか迷ったんですが、
私が間違いなく
「保育士をやってきて、頑張って辞めないでよかったな」
と思える瞬間でした。

子どもが描いてくれた絵のプレゼントももらっても
本当に嬉しいですよね。

また、言葉でなくても保護者さんが
明らかに年度初めより心を許してくれるようになったり
親しげに名前を呼んでくれたりするととても嬉しいですよね。

こんな思いを味わう事ができる仕事は
子どもにかかわる仕事でだけです。

今でもたくさんの宝物が手元と頭の中に残っています。

まとめ

私の「保育士をしていて良かった」と思う事を
書いてみましたが、
みなさんも同じ事はありましたか?

きっともっとたくさんあると思います。
(だいぶ自分自身の事メインで書きました。笑)

「保育士を辞めたい」と思った時、

上のようなポイントを嬉しく感じるか、
または
「そうは思えない」と感じるか

そこが結構大きいと思います。


たくさんの保育士さんが
「保育士をやっていて良かった」と思えるように
日本の保育士業界もまだまだ変わらなくてはいけないと思いますが

少しでもこんな喜びがある事を意識してもらえたら嬉しいです。



今回も最後までご覧いただきありがとうございました!
また次回もお楽しみに ٩( ᐖ )و


コメント

タイトルとURLをコピーしました