保育士時代の話③〜2年目後編…保育士辞めたい。辞めなきゃ壊れる。悩んでいる人へ‥

スポンサーリンク
保育士人生

前回までのあらすじはこちら

職場ないの雰囲気も微妙になり、
さらに恐ろしさの増していく社長‥
ここからどんどん闇が深くなっていくのです…

※長くなりましたが、保育士を辞めたいと思っている方向けのまとめがありますので
その方は最後のページをぜひご覧になってみてください。

スポンサーリンク

髪色事件

10月の中旬の土曜日、運動会がありました。
私の園では、系列園で合同で近くの広場で行っていました。
無事に運動会も終わり、みんなほっとしていた時
社長からのお話がありました。

「ちょっとみんな髪が明るすぎるよ、うん。
 休み明けまでに全員黒くしてくるように。」

全員まさかのこのタイミングでそんな話があるとは思っておらず
しかもその言い方がまた恐ろしく固まってしまいました。

ただ、私たちの中で髪が目立つほど明るい人はおらず
私もうっすら茶色なぐらいでした。
「きっと外で見てたから明るく見えただけだよね〜」
なんて話をしていました。

そして私は日曜日と、月曜日も土曜の分の代休で
のんびりお休みを過ごしていました。

夕方、先輩からメールが入り、何かあったのかと見たら
「今日社長が園に来て見回りを始めて、
髪を染めてなかったD先生とE先生が別室に連れて行かれて
めっちゃ怒鳴られてたんだ‥
だからはらみせんせーも髪染めてきて…」

と…!!!

すぐに家を飛び出てドラッグストアへ行きました。
私は運良く休みだったから怒鳴られなかったけど
行ってたら確実に怒鳴られていたということです。

そして見事に私の髪は海苔のようになりました。

翌日私も真っ黒な髪で出勤すると、
全職員髪が真っ黒、そして重たい空気…

その日保護者さんがお迎えに来るたびに
「先生たちどうしたんですか!?何かあったの!?」
と心配してくれる方が続出だったのを覚えています。

こんなに毎日一生懸命仕事をしているのに
髪を黒く染めていなかったぐらいで怒鳴りつける社長。
私はその場にいなかったけど、本当に恐怖を覚えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました