【保育士と園長先生の人間関係】園長先生とのお付き合いの仕方→昇格・昇給への近道

スポンサーリンク
賢く

みなさんは転職をした事がありますか?


私は今まで3つの園を経験しましたが、
どの園長先生もそれぞれ全く違う個性を持っていました。

人間ですから性格が違うのは当たり前ですね。笑


ただ、

園長先生とうまくやっていけるかどうかで
自分がその園で力を発揮できるかが変わってくる


という事が非常に重要なポイントなのです。

私は今まで

頼りなくて守ってくれない園長先生
人を育てる気のない園長先生
がきっかけで転職をしました。


ただ、不思議な事にどの園でも期待され、

1つ目の園では3年目で新園へ異動→リーダー
(…の辞令が出てから辞めましたが)

2つ目の園では3年目で主任

3つ目の園では1年目で副主任兼乳児リーダー
(ここは経験年数もあったと思います)

に任命されました。

このように昇格する事で必然的にお給料もUPします。


もちろん各園の人員や環境によりますが、

以下の事を
普段から心がけていれば上の先生は絶対に見ていてくれます。

また、これらの事は社会人として基本中の基本ですが
意外とできていない人も多いのです…
(私より経験年数が上の先生でも普通にいました)


自分はどうかな、できているかな…
という意味でも見直して、

ぜひ昇給昇格の近道にもなるので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

①目を見て挨拶をしっかりする。「挨拶+一言」が肝心!

これがすごく大事。本当に。

例えばあなたが園長先生だったとします。
朝あなたが出勤した時。
次の保育士それぞれにどんな印象を持ちますか?

①見向きもせず素通りする保育士
②「おはようございます…」とボソッと呟いて去る保育士
③「おはようございます!今日は寒いですねー!」と元気に話す保育士



私だったらこうです。

論外
②この先生はいつも何を考えてるんだろうなぁ…
③コミュニケーションがしっかりできて信頼できる!


まぁ、①のような先生はいないと思いますが笑

②はざらですね。
ボソッと言っていないにしても、
実は挨拶に”+(プラス)一言”がない先生はかなり多いです。


保育士間でも、何か問いかけて
「はい」とか「そうですね」とか、一言だけだと
「おぉ…次なに話そう…」となりますよね。


結局、そのプラス一言をするだけで、
園長先生はまず自分という人間を

信頼できる人間として見てくれている

という感覚がありました。

この「挨拶+一言」は
保護者対応の面でも非常に重要なので
意識して癖づけておくと良いでしょう。



とは言え、体力的にも精神的にも
ヘトヘトになる事の多い保育士。

もちろん365日元気に笑顔で挨拶しろ
なんて言いません。

余裕がない時があって当然です。

でも、
「挨拶+一言」を自分中で基本としておく事で

余裕がない時からいつでも立ち直れるようになります。




自分のモチベーションアップにもなるので
ぜひ意識してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました